大同産業株式会社

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-8-7 オー・ジー東京ビル1階
TEL:03-5847-0651(代表)/FAX:03-5847-0656
オー・ジー株式会社のグループ企業です。
トップ> シリコーン > シンエツパッチシール®

シンエツパッチシール®

シンエツパッチシール®

土木・建築用防水シリコーン粘着シート

土木・建設業界の常識を変えたメンテナンス用シリコーン粘着シート

施工方法

How to use

 下記の通りの施工により、簡単に土木・建築現場において補修修理を行えます。

①施工準備

・シンエツパッチシール®の敷設面は二種ケレンと水洗い、下地を調整します。
・その際に被着面が完全に乾燥しているか施工前にご確認ください。
・被着面のゴミ油分を取り除き、手のひらに付着分がないことを確認してください。

②シンエツパッチシール®の準備

・現場でカッターによる採寸寸法が可能です。
・カット後セパレータフィルムを剥がします。

③シンエツパッチシール®の貼り付け

・上から下へシートを伸ばさないよう慎重に貼り付けます。貼り付け後はシートを手で押すなど貼り付け面をなじませます。
・重ね合わせ幅は20㎜以上とし、下記のシールの要領で、テープで接着固定します。

④シンエツパッチテープ®でシール

・セパレータフィルムを付けた状態でシール箇所に載せ、セパレータフィルムの上から被着体にロールなどを使って押し付けてください。
・その後、セパレータフィルムを180度方向に静かに剥がします。空気中の水分と反応して硬化と接着が進行します。
・包装開封後は30分を目安に使い切ってください。

シンエツパッチシール登録情報:

・国土交通省 新技術情報提供システム NETIS登録 TH-140017-VR、TH-190004-A
・東京都建設局新技術登録 1701015
・茨城県土木部新技術登録 a-17057
・首都高速新技術情報(橋梁)シリコーン粘着シート
・福岡県県土整備部新技術登録 1801014A、1901008A
・北海道建設部新技術登録 20201002

施工用途

Use applications

 下記の土木・建設現場で多くご使用されております。

橋梁 車道橋・歩道橋の継ぎ目・縁石タイル・目地の傷・クラックなど。高架橋下の傷・クラックなど
トンネル ジョイント部分、ボックスカルバート部分、タイルユニット・目地の傷・クラックなど
水路・用水施設 排水溝・水槽の傷・クラックなど
屋根・壁・その他 屋根・壁・階段の継ぎ目、連結部分など

 

仕様情報

Spec Infomation

 シンエツパッチシール®

  HNS-200 HNS-200T HNS-200B
タイプ hns-200 hns-200t hns-200b
構造 hns-200 hns-200t hns-200b
特徴 一般タイプ 透明タイプ ガラスクロス補強タイプ
外観 灰色 透明 白色透明
補強層 なし ガラスクロス
標準サイズ シートタイプ:300×1,000、400×1,000㎜
ロールタイプ:50×3,000、100×3,000㎜
シートタイプ:400×1,000㎜
厚さ 1.8㎜ 1.5㎜
粘着性 自己粘着性 自己粘着性
硬さ 基材層 タイプA:55 タイプA:70
粘着層 アスカーCSR2:15以下 アスカーCSR:15以下
引張強さ 10.0Mpa 70.0Mpa
引張強さ クレセント型:50kN/m クレセント型:250kN/m
切断時伸び 800% 2%
使用温度範囲

-40~+180℃

-40~+180℃
絶縁破壊電圧 30kV以上 20kV以上
低分子シロキサン量 0.83(ΣD3-D10)% 0.27(ΣD3-D10)%

※シンエツパッチシール®の端部分、重ね合わせ部分に使用する事で、防水の信頼性を高めるシンエツパッチテープ®(パテ状の粘着テープ)もございます。

シンエツパッチシール


▶ページ先頭に戻る

ページのトップへ戻る