大同産業株式会社

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-8-7 オー・ジー東京ビル1階
TEL:03-5847-0651(代表)/FAX:03-5847-0656
オー・ジー株式会社のグループ企業です。
トップ > ラベル事業 > ラベル販売

ラベル事業

ラベル販売

 LABEL SALES BUSINESS 

 各企業、公共法人、教育機関様などさまざま業界に向けて、お客様の要求事項に沿ったラベルの販売を行っております。化学会社の視点からラベルを分析、最適なラベル提案を行います。タック原紙やラベル製品、そして印刷方法(印刷インク、ラベル仕上げなど)について、お客様とコミュニケーションを重ね、よりよい製品づくりに努力を重ねています。 これからも お客様からいろいろな事を学び、貢献していきたいと思います。

 

ラベル作成手順について

 APPOINTMENT/HEARING

 ラベルを注文する場合の流れを簡単にまとめました。是非、下記の流れをご参照の上、ご連絡をいただければ幸いです。何卒、よろしくお願いいたします。ラベルを御注文される場合に一番重要なのはラベルを何にはるのか?(被着体)、どこで使用するか(使用環境)、どのように(使用状況)の3つです。

『はじめまして。大同産業です。これから一緒にラベル注文に話しましょう!』

こんにちは。ラベルを注文したいのですが、どうしたら良いですか?

これからお客様の御要望に合ったラベルを作成するために少し時間をください。

はい。宜しくお願いします。

まずは、ラベルの材質を決めなければなりません。表面基材、粘着剤、剥離紙、仕上がりなどを如何いたしましょうか?

そのためには何を伝えればどうしたらよろしいですか?

その部分については、下記の質問事項を参照のください。

なるほど貼るもの(被着体)、使用環境、使用状況を説明すればよいのですね!

ありがとうございました。

ラベル作成手順

データ作成

 お客様と御打合せをさせて頂き、お客様のご要望に沿ったラベルデザインを作成致します。

版・抜型作成

 校了頂いたデータを元に印刷機にあった版を作成。更に、ラベルサイズにあった抜型も作成。

印刷

 専用のラベル印刷機で印刷。少量多品種向け、大量多色向け印刷機など種類は豊富です。

検 品

 専門の検品スタッフに加え、画像検査装置を導入。ラベルの誤出荷などを未然に防ぎます。


ラベル材質について

 MATERIAL SELECTION

打合せの内容を元に、顧客の仕様環境に最適なラベル原反(表面基材/粘着/剥離紙)を提案致します。表面基材には主に2種類(紙素材、フィルム素材)ございます。粘着剤は材質と粘着力で選びます。剥離紙は使用環境に応じて選びます。

『紙素材ラベル(上質ラベル・アート紙・ミラーコート紙・ホイル紙・その他)って何?』

紙素材のラベルってどんなものがあるのですか?

一番安いものでは上質ラベルがございます。お客様に自ら印字したり・インクジェットプリンターなどで書き込む場合は最適ですが、弱点としては水に弱い上、印刷用のコーティングが表面にれされていないため、細かい文字、2次元コードを苦手です。

もっとかっこいいラベルはないのですか?

紙素材のラベルではアート紙ラベルが代表的で、主に73㎏のものが多く使用されます。上質紙と比べると表面に印刷用コーティングがされているため、平滑性及び光沢性に優れた印字適正の高いラベルです。しかしコーティングされている反面、お客様に自ら印字する場合はインクジェット及びレーザープリンタなどの印字は難しく、熱転写プリンタやドットインパクトプリンタなどでの印字が必要となります。

もっと光沢のあるものはないですか?

ミラーコート紙というラベルがございます。材質適正はアート紙とほぼ同じですが、表面基材の光沢性に優れ、商品の顔となる商品シール、店頭のPOPなど幅広くご使用されております。

それ以外にどのような紙ラベルがあるのですか?

銀紙のようなホイル紙であったり、和紙テイストの和紙ラベル、折り紙のような色上質ラベル、スーパーやコンビニで使用する感熱ラベル、太陽光の光を吸収し、暗い処で光る光沢ラベルなどさまざまな種類がございます。詳しくは下記の表を参照ください。

紙素材ラベル一覧

品 名 説 明 コスト
上質紙 化学パルプのみで製造した最も安価なタック紙。 表面は光沢がなくマット調。表示シールによく使われる。
色上質 上質紙に色をつけたものです。(ピンク・浅黄・黄色・オレンジ・ウグイス・ブルー・クリーム・濃クリーム・銀ネズ・白茶)
アート紙 上質紙に白色顔料をコーティングしたもの。 平滑度や光沢もありカラー印刷に向く。
ミラーコート紙 上質紙に白色顔料を厚くコーティングしたもの。強い光沢感・ 平滑性が特徴で高級感もありカラー印刷にも向く。
色ミラーコート紙 ミラーコート紙に色をつけたものです。(黄色・アイボリー・ピンク・ブルー・グリーン・赤・黒)
クラフト紙 クラフト紙をタック化したもの。 色の濃い「未晒」と色の薄い「半晒」の2種類がある。
ホイル紙 アルミホイルを貼り合わせたもの。 色は金、銀の2種、光沢感は艶有、艶消の2種がある。
訂正紙 粘着層に着色して下地を見えなくしたもの。表面は ミラコート、上質、ユポ等から選ぶ。
サーマル紙 感熱紙のこと。熱転写プリンターで印字する用途で使われる。 食品用の計量ラベルや工業用のラベルとして活用される。
蛍光紙(ルミノ) 上質紙を蛍光色にしたものです。光沢感はない。色が豊富です。(ピンク・赤・赤橙・黄橙・緑・黄色)
和紙 和紙をタック化したもの。さまざまな和紙の種類があり、和菓子やお酒ラベルに向いています。
クレープ紙 表面に凹凸のあるクレープ紙をタック化したもの。 お酒ラベルや和風のものに向いています。

注 目 製 品

工業用ラベル

 耐熱、耐溶剤、屋外耐候、帯電防止など、高機能・高付加価値なラベル印刷です。もちろんGHSラベルは各国輸出入規格にも対応。

可変・バーコードラベル

 バーコード、QRラベル、シリアルの可変印刷、ラベルプリンタ用(熱転写・感熱)のオリジナルラベル 印刷もお任せください。 

食品ラベル

 食品のイメージを鮮やかに表現するクリーンなラベルです。印刷インクの臭いなどもしない最適なラベルです。

セキュリティ・防犯用ラベル

 開封防止、改ざん防止、偽造防止、個人情報漏洩対策などに使用され、さまざまな情報を安全にお届けします。 


『フィルム素材ラベル(合成紙・PET・PP・PVC・その他)って何?』

合成紙って何ですか?

印刷再現性に優れる紙と、破れにくく水に強いフィルム、その両方の特性を備えているのが合成紙です。

 

合成紙のメリットとして『①水に強い水に濡れても強度の低下や形状の変化が少ない。②破れにくい引っ張り、折り曲げ、衝撃などに強く一般的な紙に比べはるかに破れにくい。③表面がなめらか均一のなめらかさを保つ表面なのでラミネートやコーティング加工との相性が良い。 油・薬品に強い薬品類に濡れても品質の劣化が少ない。④環境にやさしい資源として再利用が可能で燃焼時でも有害な塩素ガス等が発生しない。』などです。

PETラベルって何ですか?

PET(ポリエステル、テトロン)は透明、白、金、銀などさまざまな種類があり、代表的なフィルム素材のラベル原反です。

PVCラベルって何ですか?

PVC(ポリ塩化ビニル)素材の原反は、可塑剤の添加量によってフィルムの柔軟性を調整できます。柔らかく、耐候性・耐熱性の特性をもつため、粗面や曲面にも十分に対応する事ができ、屋外で使用するステッカーなどに多くご使用されます。以前は燃やした場合、環境上の問題(ダイオキシン)から避けられる傾向にありましたが、最近は環境に良いPVCラベルなども多くございます。

それ以外にどのようなフィルムラベルがあるのですか?

 ULラベルのように国際基準をクリアした家電製品ばどで使われるラベルや、銘板や医療などで使用される可変情報用フィルムラベル、開封防止用のボイドラベルなど、通常のフィルムよりも耐久性・対熱性・特徴に優れたものなどがございます。

フィルム基材のラベルって凄いんですね!是非、使いたいですね!

フィルム素材一覧

品 名 説 明 コスト
合成紙 合成紙をタック化したもので最も汎用的な フィルム紙。白色度も高く、耐水性や防湿性も高く 様々な用途に使用されております。
ツヤ金・ツヤ銀 表面に金の蒸着を加工した用紙。ツヤがあり高級感のあるものです。洋菓子などのラベルに向いています。
消金・消銀(SM) 表面に金の蒸着を加工した用紙。ツヤを抑えた高級感のあるものです。商品ロゴや社名ロゴなどに多く利用されています。
透明PET 透明のPET(ポリエステル)フィルムをタック化したもの。 熱に強く、透明度が高い。
白PET 白色のPET(ポリエステル)フィルムをタック化したもの。 熱に強い。
ポビック しなやかさと柔軟性に富み、どんな形にもジャストフィットします。焼却処理しても燃焼ガスを発生しない地球環境に優しい素材です。
エンビ(PVC) 耐久性に優れた塩化ビニールをタック化したもの。水に強く、ステッカーなどに向いています。(透明・ツヤ・ツヤ消)
色エンビ(PVC) エンビに色をつけたものです。(黄色・緑・赤・青・黒)
ヘアライン ヘアライン加工されたシール素材です。金属調の高級感があるものです。
ホログラム 表面に様々な模様のホログラムの柄を蒸着し加工した用紙です。
サテン サテン生地をタック化したもので、衣服に貼るシールや 靴底に貼るシールなどに使われております。

 

注 目 製 品

荷札ラベル

 段ボールやプラスチックコンテナに貼る荷札ラベルです。輸送時には剥がれず、段ボールやプラコンを処分する際にはきれいに剥がれる特殊な粘着剤などが主流です。

ドラム缶ラベル

 屋外での使用・保管を想定された特殊ラベルです。耐水性・対候性に優れ、長期間屋外で保管されていても色退行、ラベル剥がれなどが少ないラベルです。

レーザーP用合成紙

 オフィスに使用されているレーザープリンタでの印字に対応、海水中でも粘着力を保持、印字内容がこすれ落ちにくい耐摩耗性も実現。BS5609取得。

デッキテープラベル

 スケートボードやブレイブボードなどのスリップ材として表面に張られるデッキテープに直接印刷可能です。意匠性に優れ人と違うデザインを欲する方に最適です。


『粘着剤ってどのようなモノがあるの?』

粘着剤の選び方って基準があるのですか?

基本は粘着の強さと粘着剤の材質を選ばなければなりません。

粘着剤の強さは、貼ラベル・シールをずっと貼ったままなのか剥がす事もあるのか?の判断により弱粘着から普通粘着、強粘着などを選びます。

粘着剤の材質は、貼付け後の環境によります。現在はアクリル系のエマルジョン型(水タイプ)や水に溶けないソルベント型(溶剤タイプ)の2種類が主流でございます。

それ以外の特殊粘着剤とかあるのですか?

凸凹にたいしては粘着剤の厚いタイプ、60~80℃程度の熱にも耐えられる耐熱タイプ、糊残りのしない再剥離タイプなど種類はさまざまです。

粘着って強いか弱いしか考えていなかったです。奥深いですね。

粘着剤一覧

品 名 説 明
一般粘着 一般的な粘着。
強粘着 一般粘着より強粘着。
永久接着 強粘着よりさらに強い粘着。
粗面用粘着 コンクリートにも添付可能。
弱粘着 粘着度が弱く剥がしやすい粘着。
微粘着 付箋レベルの粘着。
再剥離粘着 剥がすことを前提につくられた粘着。
強粘再剥離 シッカリ貼れて、綺麗に剥離可能。
冷蔵用粘着 冷蔵庫用の粘着。
冷凍用粘着 氷点下でも凍らない粘着。
冷食ハム用 冷蔵用のデコボコした面にも添付可能。
タイヤ用 貼り付きにくいタイヤ用粘着。

注 目 製 品

再剥離粘着

 ラベルとしての役割をしっかりと果たしつつ、はがしたいときには糊残りが少なくきれいにはがすことができるのが再剥離ラベルです。多くの現場で使用されております。

永久接着

 一度貼り付けたら、二度とはがさない事を目的とした粘着ラベルです。無理に剥がそうとすると、被着体の表面が破壊、粘着剤や表面基材の一部が残ってしまいます。

訂正ラベル

 裏地が透けないように表面基材の背面の粘着面に特殊加工を施しております。印刷物の文字訂正や間違いを隠すことを目的に多く活用されております。

特殊粘着『KSノン』

 簡単に貼ったり剥がしたりでき、被着体へ 糊残りのしない自己吸着フィルムです。柔軟性があるため、平滑な場所であれば誰でもきれいに貼ることが出来ます。


『剥離紙って何?』

剥離紙(セパレーター)って選ぶのですか?

剥離紙(セパレーター)の表面にはシリコンが塗布されていたり、ラベルを剥がす際の剥離力を変える能力があったり、印刷中に切れないような丈夫なモノなどございます。代表的はものは上質剥離紙、グラシン剥離紙、クラフト剥離紙などです。使用目的により剥離紙も選びます。

剥離紙もやっぱり使用目的で選ばないと思いました。

注 目 製 品

クラフトセパ

 黄色系の厚手の剥離紙(セパレーター)です。クラフト素材でできており、丈夫です。主に、シート仕上げでよく使用されます。

上質セパ

 白色系の薄手の剥離紙(セパレーター)です。上質素材でできており、軽く安価ですが、破れやすいので要注意です。

グラシンセパ

 青系の薄手の剥離紙(セパレーター)です。グラシン素材でできており、薄くて丈夫です。ロール仕上、ラベラーなどで使用されます。

フィルムセパ

 透明フィルム(PET系)の薄い剥離紙(セパレーター)です。見栄えの良さからキャラクターシールなどで使用されます。


ラベル仕上について

 LABEL FINISH

最後に顧客が”一番使いやすい形”に仕上げます。

『ラベルの仕上がりって?』

最終的にどのような仕上がりになるのですか?

ラベルは基本、”貼るモノ”でございます。貼りやすい仕上げにしたり、印字しやすい仕上げにします。

ラベルの仕上がり

ロール仕上げ

 可変情報などを自分で印字される顧客に最適な仕上げ。取扱は簡単ですが、プリンター内部にセットするため、大きさが限られます。主に熱転写プリンタ、インクジェットプリンターで使用されます。

シート仕上げ

 1枚のシートに仕上げるタイプです。1枚のラベルの中に5~50枚など複数のラベルを配置することも可能です。ラベルを手張りする時、便利です。主にレーザープリンターなどで使用されます。

ファンフォールド仕上げ

 つづら折りに重ねたしたラベル仕上げです。ラベル自体をプリンターの外に置くため、多くの数量のラベルをセットできます。主に熱転写プリンター、インクジェットプリンタで使用されます。

フォーム仕上げ

 両脇の剥離紙に穴の開いたラベル仕上げです。穴にトラクターフィーダを通して送ります。そのため丈夫な剥離紙が求められます。主にドットインパクトプリンターなどで使用されます。


▶ページ先頭に戻る

ページのトップへ戻る